千葉市花見川区の和風建築の平屋の一戸建て住宅です。
築50年になる建物ですが、木製雨戸の開け閉めがとても困難になっている状態でした。

木製雨戸交換前

本来であれば、木製雨戸での交換をおススメしたところではございますが、ご依頼者様の意向でアルミ雨戸への交換となりました。

木製雨戸を拒否した理由としては「重たい、木製建具との見た目のバランス、工事内容」などを挙げられました。

今回採用した製品は「LIXILルーバー単体雨戸」です。リフォーム用の雨戸でお手軽アイテムです。

サイズの種類も豊富で多少の建付け調整も可能なのでとても便利です。少々アルミが薄いような気がいたしますが。。。

古い木製雨戸は取り外しするのも困難な状態でした。木製の鴨居と敷居の変形が原因です。

画像にはありませんが、本体を丸鋸で切断して撤去した次第です。

傷んでいたのは雨戸本体のみならず鴨居や敷居、戸袋も同じで本来なら全交換ですが、なるべく加工や交換を抑えつつ新しいアルミ製雨戸本体を取り付けてゆきます。

動きが肝心なので慎重に調整をします。こちらも画像にはありませんが、思いのほか敷居が傷んでいましたので、急遽アルミアングルを使用して敷居を補強しました。

今までの開け閉めがウソのように軽快に動きます。最後に雨戸錠の取り付けとカギの動作確認をして完了です。

木製雨戸をアルミ製へ交換

お客様は高齢者でしたので、「こんなに軽くてスムーズに動くなら、もっと早くお願いすれば良かった。」と大満足していただけました。

木製雨戸に限らず開け閉めが重いなどの症状でお悩みの場合は、窓名人へお気軽にお問合せください。

お客様のご要望に合わせたご提案をさせていただきます。

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!