先日、とあるお客様より「ガラスの中に水が溜まっているんですけど。こんなことってあるのかしら?」というお問い合わせを頂戴しました。

水が溜まった複層ペアガラス

私はすぐに「内部結露」と察したのですが、お客様は原因がどういうことなのか、なかなか理解できません。

当たり前ですよね。私は仕事柄、当たり前のように「複層ペアガラスは内部結露する」ということがわかりますが、一般の方は「まさか!」だと思います。

昔ながらの単板ガラスは、その名の通り一枚構成の未加工のガラスなので、水が溜まるはずもなく極端な言い方をすれば「割れなければ一生もの」です。

一方、複層ペアガラスは単板ガラスを空間のある複層化した加工ガラスです。つまり加工品なので未加工品と比べ劣化する可能性があります。

通常の複層ペアガラスは、スペーサーという金物で空気層を保ち、その周縁部をシール材(接着剤のようなもの)で封着します。

このシール材が水分等に弱く劣化します。10年間はメーカー保証がありますので、建築会社等へお問い合わせください(例外あり)。

住宅で考えた場合、水分が日常的に多い場所は「浴室・洗面・キッチン」などではないでしょうか?

内部結露が発生する窓も、これらに面したガラスがとても多いです。

内部結露を長期間放置すると、空気層の中に水分が溜まり水槽のようになります。

水圧がかかった状態で放置するとガラスが割れたりすることさえもあります。

内部結露に気がついたら、早めの交換をおススメいたします!

通常の複層ペアガラス

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!