市川市でカッティングシート剥がし工事です。
カッティングやフィルムを貼るだけではなく剥がす工事もたまにあります。
年数が経過したシートを剥がすのは、貼るよりも重労働だったりします。

市川市のカッティングシートの剥離前

剥がす理由

市川市のコンビニ跡地のテナントを倉庫として使用していた法人様が、テナント返却のためカッティングシートを剥がすことになりました。

いつもお世話になっているお取引様より「ガラス屋さんってフィルムシート貼っているけど、カッティングシートの剥離ってやっているかい?」とのお問合せからでした。

剥がすだけの作業ですが、それなりの費用がかかります

シート剥離作業

カッティングシートの劣化状況によって大きく変わりますが、まずはシートを剥がさないとなりません。

シートに柔軟性が残っている場合は作業進行もよいのですが、引っ張って剥がす際にプチプチと細切れになってしまうと最悪です。

今回の市川市のコンビニ跡地の現場は、フロント一面というそれなりの面積ですが、柔軟性の残っている箇所と劣化して細切れになってしまう箇所と半々ぐらいでした。

ちなみにカッティングシートの剥離に有効な薬剤とかはなく、全て人力での作業です

糊の剥離作業

カッティングシートを剥がし終えると次に待っている作業が糊の剥離作業です。

シートを剥がしてもガラス面に糊が残ります。ここの現場も大量に糊が残りました。

「ステッカー剥がし」や「のり取り」などのケミカルは一切効きません

ここも人力作業となります。ガラスにキズがつかないように丁寧に糊と取っていきます。

仕上げ作業

カッティングシートと糊の剥離全てが完了したら、最後にガラスをきれいに掃除します。

市川市の現場は幹線道路沿いということもあり外部のガラス面もだいぶ汚れていたので、ついでにお掃除しました。

ガラスが反射するほど、とてもきれいに蘇りました。

市川市のカッティングシートの剥離後

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!