足立区のカラオケ店さんより防煙ガラスの修理・交換依頼です。

お酒に酔った若者がぶら下がった勢いで割れてしまったそうです。

丁度、会計をするレジの真上にあったので、つい飛びついたのでしょう。

足立区の防煙ガラス破損

今回のケースでは、お店からお客様へ請求することになっているそうで、当店としてはカラオケ店さんに請求することになります。

余談ですが、加害者さん請求の場合だと修理代金を集金できない場合もあるので、基本はお店側へ請求いたしております(例外あり)。

防煙ガラスの修理・交換は特殊な取付方法の場合が多く、作業時間もそれなりにかかります。

いくつか取付方法があるのですが、いずれにしても頭上に固定するものなので、しっかりと取付しないと落下でもしたら大変なことになり得ます。

足立区の現場は狭い範囲のうえ、線入りガラスも一枚ものなのでいつも以上に手間がかかりました。

また、営業中でレジの真ん前なので、お客様が通行する際は作業も中断します。

少し時間を要しましたが、なんとかうまく収まったのでほっと一息。

最近は、ガラス製品ではなく樹脂パネルが採用されているそうです。

当然ながら防炎加工品ですが、耐久性に優れ軽量で加工も容易とのことで今後は少し気が楽になりそうです。

まかり間違っても防炎ガラスにはぶら下がらず、ぶら下がるのは鉄棒等にしておきましょう。

さらに詳しくはコチラ お問い合わせはコチラ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!