千葉市稲毛区あやめ台団地の団地のお風呂場ドアガラス修理・交換です。ドアといっても中心部から二つ折りになる通称「折れ戸」です。

開閉スペースが限られている場合に採用されることが多いタイプのドア。コンパクトに畳まれるので、団地やアパート等のユニットバスに多く使われています。

現行タイプの折れ戸には、危険を避けるために樹脂パネル通称「アクリル板」が採用されていますが、初期仕様の折れ戸は今回のように型板ガラス(通称「くもりガラス」)がついています。

【修理前】
お風呂の折れ戸

ガラスの場合、割れるととても危ないので可能であればアクリル板への交換をおススメしますが、材料価格がガラスに比べ高いので修理の場合のほとんどは同じガラスで入れ替えます。

予算に余裕がある場合、ガラスが割れてケガを負ってしまった場合、また割れてしまう恐れがある場合、幼児や高齢者がいる場合などはアクリル板を入れてください。

今回の現場となったあやめ台団地は、割れた原因が物をぶつけて割ってしまったようなので、同じくもりガラスで交換しました。

ガラスに巻きつけてあるゴムパッキンは、水道水やシャンプーなどで汚れており黒カビも生えていたので、同時にお取替えしました。

【修理後】
お風呂の折れ戸修理後

ゴムパッキンも、お風呂場場合は水分にさらされているのでプラスチックのようにカチカチに固くなっているケースがほとんどです。
ガラスも割れやすくなってしまいますから、交換したほうが無難です。

あやめ台団地でくもりガラスの交換にかかったのは1時間前後。在庫品なのでタイミングが合えばすぐにお取替えができます。

稲毛区のガラス修理店をお探しなら、窓名人へお問合せください。
一級技能士がご対応させていただきます!

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!