目隠しフィルム施工施工後

窓のプライバシー問題。

家を建てたら隣家の方からクレームが入った。

「お宅の窓から家が丸見えじゃないか!なんとかしてくれ!」

このようなプライバシー問題、実際によくあります。

法的な強制力はないそうですが、「今後のことを考えると対策をしなければ」というのが現実的です。

カーテンやブラインド等では、納得されない方が大半のようです。

これらは開けた時に丸見えになるからという理由だと思います。

新築の窓のプライバシー対策として早くて即効性のあるのが「目隠しフィルム貼り」です。

ガラスを丸ごと取り替えることもありますが、コスト面を考慮するとフィルムになります。

最近の住宅の窓は、省エネ化が推進されているので、新築のほとんどは複層ペアガラスが採用されています。

一般的な複層ペアガラスならまだしも、高機能型のLow-Eタイプが採用されることも多くなっているので、プライバシー対策ならフィルムが人気です。

目隠しフィルム施工後

今回の現場も新築住宅ですが、建て主側からすると「たいして見えないけど」。

しかし、隣家側からすると「窓からの視線がとても気になる。覗かれているみたいだ。」となります。

【施工前】
目隠しフィルム施工前

【施工後】
目隠しフィルム施工後

【施工前】
目隠しフィルム施工前

【施工後】
目隠しフィルム施工後

窓全面に貼ることもあれば、部分的に貼ることもあります。

ペットを飼育しているお宅は、部分的に貼る場合が多いです。
ワンちゃんや猫ちゃんが外を見れなくなると、ストレスがかかり病気になってしまうことがあるそうです。
YKKAPのCMを思い出してもうなずけますね。

今回使用したフィルムは乳白色の濃いめのタイプです。
多少透けますが、もう少し薄め(明るめ)の目隠しフィルムもあります。

ガラスフィルム施工は、千葉・東京エリアに対応しております。
一級技能士がご対応させていただきますので、お気軽にお問合せください。

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!