落下防止手すり

マンションのすべり出し窓へ落下防止手すりの取り付けです。

築20年以上経過した賃貸マンションですが、新しいオーナーさんからの依頼です。

「ここの窓を開けると、なんだか吸い込まれそうで怖いから手すりを付けてほしい」というご相談からでした。

実際に開けてみると・・・確かに怖い気がします。

単身者様向けの1Kなのですが、安全のため設置することになりました。

落下防止手すり

取付自体はさほど難しいことはありません。

取付け強度がでるかどうかが心配なのですが、下見の際にそのあたりは確認済みです。

小さいお子様などがいて心配の場合は、取り付け本数を増やします。

手すり増し

下記は弊社で取り付けたものではないのですが、飛散防止フィルムと安全合わせガラス交換のため一旦撤去しました。

LIXIL社の手すりはソケット(ブラケット)を目隠しする樹脂のカバー材が厄介なので、交換用の部品を用意しました。

LIXIL手すりカバー材

ガラス交換、飛散防止フィルム貼付後は以下の通りです。

実際、フィルムを貼ったりガラスを交換するよりも「手すりの脱着時間」のほうがかかりました(涙)

不慣れな作業ということもあるかと思いますが、想像以上に手間がかかりました(汗)

防犯や防災対策は、ここまでやったら正解(安全)ということがありません。

過剰な対策はかえって命取りになるケースさえあります。

わからないことがある場合は、現場経験豊富な防犯設備士や防災士に相談しましょう。

さらに詳しくはコチラ お問い合わせはコチラ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!