船橋市で玄関ドアの交換です。

築30年以上経過した一戸建て住宅です。

家の顔ともいえる玄関ドア。

「古くなって開閉不良やカギの防犯性能も心配」というご相談を受け、交換する運びとなりました。

玄関リフォーム前

新規交換した玄関ドアは、YKKAP社のドアリモというリフォーム用の玄関ドアの断熱タイプ(M09v)の扉です。

扉の仕様は、欄間付き片袖ドアです。

玄関ドアと言っても様々な種類やタイプがあります。

リフォーム前に業者さんとよく協議されてくださいね!

種類やタイプ、デザインやカギのタイプによって、玄関ドアの金額も大きく異なります。

目的に応じた扉をご選択ください。

作業的には古い扉やガラス枠を撤去して新しいフレームが入るようにします。

今回の船橋市の現場のように無目や方立が付属する枠は、レシプロソーという電動ノコギリを使用して切断撤去します。

新しい枠を仮付し底辺の水平をチェックします。

この時不陸がある場合は、レーザー等でレベルを調整して新しい枠を水平にします。

あとは立ち上がり枠の垂直や対角線も意識します、

最後は枠の捻じれです。

水平垂直があっても捻じれが発生している場合がありますので、仮止めに状態で捻じれも確認します。

新しい玄関ドアを設置したら内外の額縁を調整して取り付けます。

見た目的にはこの額縁設置が仕上がり感を左右します。

一番最後に玄関ドアの開閉スピードやカギのかかり具合を調整して完成です。

玄関リフォーム後

一日で完成する玄関ドアのリフォーム。

今なら補助金もらえます!

さらに詳しくはコチラ お問い合わせはコチラ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!