板橋区の空き巣現場の被害者様よりドアガラス修理のご依頼です。

「雨戸やシャッターのない勝手口ドアガラスだから大至急来てくれるガラス屋さんを探している」と緊急のご依頼でした。

板橋区の空き巣被害のドアガラス

ガラス破りの手口

勝手口ドアの網入りくもりガラスが、四角形にきれいに割られています。

網目に沿って割っているように見えますが、このように几帳面?に割る泥棒はとても珍しいです。

いずれにしろ割り方がきれいな痕跡は常習を意味しています。

ガラス屋的に見てもかなり手慣れた空き巣犯に違いはありません。

防犯と網入りの違い

網入りガラスの場合、ワイヤが封入されているので一般的なガラスよりも多少は抵抗力があります。(だからといって防犯ガラスのような強度はありません)

網目に沿ろうが適当に割ろうが時間的にほとんど変わりはありません。

その点、防犯ガラスは特殊な樹脂フィルムを挟み込んだ強度の高いガラスです。

様々な手口でガラス破りをする空き巣には、とても有効な防犯対策品です。

防犯ガラス(くもり)

修理内容

板橋区の被害現場で当日は、仮のくもりガラスを入れて後日、防犯くもりガラスへお取替えしました。

また、ロックが一箇所しかなかったので、ドアの内側へガラス屋おススメの面付け補助錠を取り付けました。

これにより侵入に至る時間を稼ぐことができます。

あとがき

板橋区も他地域同様に空き巣犯は様々な角度に目をつけ侵入を狙っています。

ほとんどが下見を数回繰り返し留守を確信して犯行に及びます。

今回の板橋区の現場もおそらく下見をされているはずです。

下見の時点で諦めさせる=標的にされない防犯意識が必要です。

一度狙われたお宅は二度三度狙われるケースが少なくありません。

どうせ直すならガラス屋目線で見た適材適所の防犯対策を推進して悲劇に備えましょう。

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!