新築の一戸建て住宅を建築中のお客様より「遮熱フィルム施工」の依頼です。階段室に面する吹き抜け窓が西側に面しているため西日対策として遮熱フィルムの施工です。

フィルムの種類

今回、貼付けした遮熱フィルムは、外側から施工する外貼用のミラー調フィルムです。

本来なら室内より内貼用フィルムを貼るのですが、今回の施工対象の吹き抜け窓は複層ペアガラスのため外部からの施工となりました。

なぜ外部から貼る?

外部からの施工になった理由として、熱割れ現象を考慮したものです。

複層ぺガラスはもともと熱を吸収しやすいため、遮熱フィルムを室内側から貼ってしまうとさらに熱を吸収して室内に面したガラスがひび割れてしまうことがあります。

これを熱割れ現象といいます。

この現象を回避するには外部から貼ることが必要になります。外部からの施工ならひび割れするリスクは殆どありません。

ただし、室内側に貼ったときと比べると、どうしても耐候性は劣ってしまうので貼り替え時期が早まることになります。

外貼用遮熱フィルム(外観)

ミラー調フィルムの特徴

施工後の写真のように遮熱フィルムを貼るとミラー効果が生まれ外部から内部が見えにくくなります。

今回採用したフィルムは濃色タイプのため殆どミラーで中がまったく見えません。室内側からは外の景色がクッキリ見えます。

フィルムシートに金属を含有することにより、遮熱とミラー効果が生まれています。ただし、ミラー効果は昼夜逆転になりますので注意が必要です。

外貼用遮熱フィルム施工後(内観)

あとがき

外から見ると窓が鏡のように反射してとてもかっこよくなりました。おまけに遮熱効果により西日対策もバッチリです。

前述のとおり複層ペアガラスは熱割れ現象のリスクがありますので、遮熱効果の高いフィルムを貼る場合は、必ず外側から貼るようにしてください。

大きい複層ペアガラスでしかも階段室なので、割れた場合の交換も相当な費用となりますのでご注意ください。

窓名人オフィシャルサイト

問い合わせ、相談

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!