見積と言っても様々な内容があります。

例えば、ガラス修理・交換でも電話でガラスの種類や大きさ、厚みやどこの窓?など聞けばある程度分かってしまう場合もありますし、複雑な内容や情報が少ない場合などは電話のみでお出しすることはできない場合もあります。

後者の場合でいうと、窓や割れたガラスの写真を送ってもらい画像から判断して見積もりをお出しすることもあります。

ガラス修理・交換で電話で見積もりを案内をする場合の前提として事前に下記をお調べください。

1.ガラスの種類(透明?くもり?網入り?)
2.ガラスの大きさ(ガラスが露出している部分の横と縦)
3.ガラスの厚さ(破片などで計測。できない場合は無理をしないでください)
4.一戸建て?マンション?アパート?団地?店舗?など建物の種類を教えてください
5.建物のどこの窓か?(ベランダに面した掃出し窓とか一戸建て住宅の腰窓とか)

上記がわからない場合や自信が持てない場合は、窓全体と破損箇所のアップを含め最低2枚の画像を下記フォームでお送りください。
画像例をご参照ください。

主要サイズの修理・交換費用は、参考料金表からもご覧になれます。

破損個所のアップ

破損窓の全景

特殊の場合や画像からでも判断がつかない場合等は、どうしても現地確認が必要になることもあります。予めご了承ください。

注意していただきたいのは”無料見積もり”と偽り現地で押売り的な行為をする業者がいることです。

また、断ると高額なキャンセル料金を請求することもあるそうです。

本当に無料見積もりなのか?キャンセル料金はかからないか?など、事前に確認することが必要です。

さらに詳しくはコチラ お問い合わせはコチラ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!