今回の内窓設置は、千葉市稲毛区長沼原町にて断熱対策用の内窓「プラマードU」を取り付けしました。

一戸建て住宅にお住いのお客様で今年リフォームをしたばかりだそうです。

窓もペアガラスになっていて、それなりに断熱効果が期待できる窓です。なのになんで内窓を取り付けするのか?

「お友達に内窓のことを聞きました。窓から入る冷気がなくなって、とても暖かいと。寒がりな私ですが間取りの都合上、窓の前にベットを配置しているのでやはり冷気を感じていたんです。そこでリフォームしたばかりなのですが、内窓を付けることに決めました。」

窓からの冷気を気にされている方は想像以上に多く、特に寝室で多く悩んでいるケースが目立ちます。

内窓施工前

マンションなどのコンクリート構造の住宅とくらべ、木造住宅はどうしても断熱性能が劣ります。とくに窓からの暖気損出や冷気侵入は避けられないことですが、この内窓を付けると大幅に改善されるわけです。

長沼原町に設置した内窓は複層ペアガラス仕様でさらに高断熱が期待できるLow-E仕様のガラスをチョイス。これでかなりの断熱効果が生まれます。

内窓施工後

注意していただきたいのは、いくら製品がよくても施工(取り付け)方法を間違えると本来の性能が発揮されないということです。

付いたと付けたでは同じ仕上がりに見えても大差があります。

付いたは、仕上がりや納まりを意識せずプラモデルを組み立てるようなことで、付けたは、仕上がりや納まり、さらには密閉性や動作性などを考慮しながらつけることです。

パッと見は同じでも機能や効果は雲泥の差が出てしまいます。不慣れな方やいい加減な方がつけると前者のような「付いた」になる可能性があります。

同じものならどこよりも安く買いたい気持ちは私も同感ですが、取り付けが伴う工事物については、より慎重な選択をされてください。

提案力と技術力には絶対の自信があります!

稲毛区で内窓をご検討なら「窓名人」へお気軽にご相談ください。

現地調査&見積もりは無料にて承っております。

※2017年1月現在
窓リフォームで「住宅ストック循環支援事業」で補助金が適用できます  詳しくはコチラ

さらに詳しくはコチラ お問い合わせはコチラ

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
応援ありがとうございます!